トップページ | 機関設計 »

会社の定款

 会社法施行以来、数々の会社の定款を見させていただきましたが、

新法施行の前にも度重なる商法、商法特例法や有限会社法の改正が

ありましたが、それがあまり会社の定款に反映されていないという実感

を抱いてきました。

 額面株式・無額面株式の制度が廃止されたことや株主総会の決議要

件が株式の数から議決権の数に変わったことなどかなり前の改正事項

でも、そのままになっていることが実際多かったです。

 これは、商法等の改正があった時などにその都度、専門家の司法書

士が登記の依頼や相談の時にでも、気付いていたら、積極的にきちん

と、会社の定款の見直しについて、お話すれば良かったのではないか、

と思います。

 さて、これまでの法改正や会社法施行を受けて、会社を経営する

方に考えていただきたいことは、有限会社から株式会社への商号変

更と組織再編などがメインですが、それを含めた定款の見直しです。

 具体的には、株式会社の場合、従来の1円会社、確認会社有限会社また

は確認株式会社で設立した会社については、最低資本金の制度がなくなっ

たため、資本金の引き上げに言及した解散事由を登記簿上から削除止の

登記をすることです。

 また、会社の目的の審査が弾力化、柔軟化したことで、会社の目的を

変えてもっとわかりやすいものにすることや、(会社の形態を変えなくても)

商号(社名)をカタカナ表記していたものをローマ字表記に変えるなどの

こともできるようになっていますので、単にイメージの問題だけかも知れま

せんが、そういったものの変更をすることも考えられていいところです。

|

トップページ | 機関設計 »

会社法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トップページ | 機関設計 »